【家族のお片づけ】子どもの脱ぎっぱなし問題!!3つの対応策✨

釧路で主に子育てママ対象にお片づけサポートしています🧡

転勤族ママの整理収納アドバイザー吉岡ゆかです😊

☘️プロフィール

リビングにこどもが衣服を脱ぎっぱなしにされると、部屋が一気に雑然とした感じになり、イライラしちゃいますよね😂

以前ラインでのお悩み相談でも

小2の娘さんを持つお母さんからのお悩みで

パジャマや靴下をそこらへんに脱ぎっぱなしにされて、まいにち口うるさく言ってしまう。

子どもたちが自主的に片付けてくれる声かけ、関わり方を教えて欲しいとご相談いただきました😌

子どもの脱ぎっぱなしどのように対応すればいいのか、わが家の実際行なっていること、親・子の片づけインストラクター2級で学んだ関わり方のポイントも踏まえて、その対応策について3つ書いてみます😊

その①自立を期待をし過ぎないこと。

どうしても親としては小学生になると期待値が上がって、「もう小学生だから」「こんなことはひとりでできるでしょう」と思ってしまいがち。

でも特に小1、2年生の低学年のうちはあまり自立を期待しすぎないことが関わり方の大きなポイントなんです✨

自主的にやってくれるという期待はせず、こちらから声をかける(命令口調にならないように💦)、時には一緒にやってあげるということがまたまだ必要な時期なのです。

そしてどこのお宅でもウチもそう!と声が上がるお悩みの一つ。わが家ももれなくそうですし😁子どもなんて脱ぎ散らかすのが普通、当たり前、みんなそんなもんだと思ったら、気持ち少し楽になりませんか??😌

相談者のママにこの話をした時にこっちの考え方ひとつでこうも気持ちが楽になるとは😳✨と嬉しいメッセージいただきました😆

その②子ども専用の一時置き場を用意する

例えば朝起きて着ていたパジャマだったり、帰ってきて靴下をリビングの床に脱ぎっぱなしにイライラという場合はだったら、

パジャマだったら着替える場所がリビングならリビングに一時置き場所として専用のカゴなどを用意して、そこに入れてもらうようにするといいと思います。

我が家息子はパパの影響でパジャマを着ないので😅5歳の娘のお話になりますが、娘用に朝脱いだパジャマを入れるバスケット(ニトリで購入)を用意しています。夜は朝の着替えの服を選んで入れてます。

小2の息子は帰ってきたら靴下を決まってソファーに脱ぎっぱなしにします。息子用にもバスケットを用意していますが、なかなか入れることが習慣づかず。こちらが根負け😅話し合って最終的に自分で洗濯カゴに入れてもらう事で決着しました😌

話し合ってお互いが納得できる落とし所を見つけるのも大事だと思います。

その③できた時こそ気づいて声かけする!

脱ぎ散らかしていた、おもちゃを散らかして片付けなかった時など、「またこんなとこに脱いでー!」「いつになつたら片づけるの!?」などとできなかった時についつい親の私たちは注目して、こんな風にネガティブな声をかけをしがちですよね😅

それより、意識してしたいのは出来ていることに注目しポジティブな声をかけをする事

「カゴに入れてくれてありがとう」「すごい!もう片づけできたんだ!」

などできた事をまず認めて、伝えることをやってみてほしいのです✨ そうすると次からはお母さんが喜んでくれるからと自ら進んでし行動することに繋がりやすくなります😉

まとめ

子どもの脱ぎ散らかし対応策3つ

自立を期待をし過ぎないこと。

子ども専用の一時置き場を用意する

できた時こそ気づいて声かけする!

脱ぎっぱなし問題で困っている方どれもすぐ取り組めることなのでぜひ試しに取り入れてみてくださいね

そして、やってみての感想などこちら

↓↓↓

にメッセージ貰えるとすごく嬉しいです😆

ブログ読んでの感想も大歓迎です💓

参加者募集中✨

第3回お片づけお茶会講座

「お片づけのきほん整理をカードワークで楽しく学ぶ会」

【日時】10/11(金)10:00〜12:00

【場所】しろくま食堂

(北海道釧路市新栄町7-2)

【参加費】2000円

※飲食代は各自ご負担ください。

【募集人数】5名様→残席2名様

気になる方はお早めに🧡

お問合せ・お申込み

LINE @までお願いします

↓↓↓

LINE🆔icb1347f

お名前②お子様連れの有無をメッセージの上お申込みください☘️

QRコードはコチラです↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。