整理は子どもと一緒に!子どもがおもちゃを手放しやすくなる声かけは?

釧路でお片づけサポートしています

転勤族ママの整理収納アドバイザー吉岡ゆかです😊

☘️プロフィール

☘️サービスメニュー

こどものおもちゃ、たくさんありすぎて毎日のお片づけが大変になっていませんか?

わが家も以前は毎日のおもちゃの片付けが大変で私自身ストレスになっていました。

親戚からのお下がりでもらったおもちゃがたくさんあり、今考えるとスペース以上、管理できる以上のおもちゃがあったのだと思います。

片付けがストレスになる程のおもちゃは必要ないですし、こどもの成長は早いので、遊ぶおもちゃもだんだんかわっていくも。使わなくなったおもちゃは整理して手放していくことが必要です!

わが家も私が整理収納を学び始めた時上の子が4歳、下の子は2歳で、上の子はもう判断もついていたので、

その時期から一緒におもちゃの整理をしてきました。

今は上の子7歳下の子は5歳になり、声をかければ

難なく整理でき、その時間もだんだんスピーディで!判断力がついたなぁと実感しています☺️

整理は自分の今大切なものを選び取ること、こども自身の判断力がつくとてもいい体験です。

また勝手に捨てたりした場合、こどもは不信感をもち、整理することを拒むようなってしまいます。

なので必ずこどもと一緒に整理して、今こどもが楽しんでいること知るいいチャンスだと思って楽しく取り組みたいですね✨

かといってもこどもは簡単におもちゃを手放してくれないものですよね。。

なので今日はこどもがおもちゃを手放しやすくなるための声かけについてお伝えします。

声かけ

「今遊んでいる?遊んでいない?」と事実を確認する問いかけをする。

よく言いがちな「いる」「いらない」は主観的で判断に迷いが出やすくなります。

つい先日、娘の幼稚園のママ友がお楽しみ会で不要になったおもちゃを2点以上用意する必要があるよー!と教えてくれて。

こどもたちに声をかけておもちゃを整理してもらいました。

「幼稚園のお友だちにプレゼントするおもちゃ探してるんだけど、

最近遊ばなくなったおもちゃあるかな??」

「お友だちが喜びそうなおもちゃどれかな?」

具体的にはこんな声かけをしました。

するとあっという間にこちらのおもちゃたちを手放してオーケーとの事で出してきてくれました👍

手放すことはいいことだと伝える。

まだ使えるおもちゃは誰かに譲る、手放したあとも遊んでもらえる!誰がが喜んでくれる! そう思えることで、わが家の子どもたちは気持ちよく手放してくれるようになりました。

整理後、おもちゃが減った事でよくなった事を伝える。

「スッキリしたねー」

「遊びたいおもちゃが使いやすくなったねー」

など、子どもたちもその変化に気づき整理することのメリットを実感するようになります。

吉岡ゆか公式LINE@はじめました

↓↓↓

LINE@お友だちになると

私と一対一のやりとりができます😊

お片づけのお話

お茶会、講座、イベントなどの最新情報を配信していきます✨

お申込み、お問い合わせもこちらへどうぞ

↓↓↓

最後までお読みくださりありがとうございます❣️

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。