「ママ○○どこー?」っていつも聞かれてストレスになっていませんか??

釧路でお片づけサポートしています✨

転勤族ママの整理収納アドバイザー吉岡ゆかです😊

プロフィール

サービスメニュー

「ママ○○どこー?」

私ストレスでした。この言葉聞くことが😓

他の家事をやってても、一旦ストップしなければいけなかったり、

家事を終えて一息付いてる時なんかにいわれると、、、特にイラッとしてました😑😑

これをなくしたい!と思って整理収納に取り組んでいる大きな一つの要因かもしれません👍

わが家の場合○○は絆創膏

以前よく聞かれていたけど、現在は聞かれなくなったもののひとつは

わが家の場合、絆創膏。

こどもは何かと怪我することも多く、ちょっと擦りむいただけでも貼りたがります😂

娘は特にそうでプリンセス絆創膏が大のお気に入り💓

けがして大泣きでも、

コレを貼ってあげるとすぐ落ち着くという魔法のアイテムともいえます😁

(ちなみにパパもランニングする時に擦れて痛いらしく、ニップレス使いにしていて🤣よくどこー?と聞かれていたのです🤣)

わが家の絆創膏の収納場所は現在はキッチンの収納棚の一角にあります。

私がキッチンにいることが多く

もう少し幼い時は怪我したと泣きついてくる、その場で取り出してすぐ貼れるのでこの場所に。

今ではほとんどこどもたちも成長し自分で取り出して貼れるようになったので自己完結してくれて助かってます👍

ニトリのインボックスハーフに

セリアのソフトビニールケースに

薬品を分かりやすくジャンル分けして収納。

この収納だと出かける時もパッとそのまま持って行けるので便利だったりします👍

絆創膏はよく使うので自ずと手前に。

整理収納で家族みんながどこにあるかわかる仕組みを作って「ママ○○どこー?」の言葉からから解放されましょう☺️

家族が使いたい時にママに聞かなくても使えるようにする、

それか私が動かなくても口で言えばわかるようになれば

ママの負担はグッと軽くなりますよね。

私もまだ全く聞かれないかと言われればもちろゆそんな事もないですが、

自分で動かなくても、大体のものは口で言えば家族がわかってくれるようにはなったので、以前と比べるとずいぶん楽になりました☺️

整理収納でどこに何があるかみんながわかる仕組みを整えれば

「ママ○○どこー?」から解放されて

自分の家事がスムーズに進められます。

あなたもそんな生活目指しませんか??

「ママ○○どこー?」の言葉からから解放されたい!!!

というかたは

こちらに一言もしくはスタンプしてくださいね👍

↓↓↓

LINE@お友だちになると

私と一対一のやりとりができます☺️

まずママが👩✨そして家族も笑顔になるお片づけのコツ✨

お茶会、講座、イベントなどの最新情報を配信していきます✨

お申込み、お問い合わせもこちらへどうぞ✨

最後までお読みくださりありがとうございます❣️

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。