【実家の片づけ】家族がお片づけに協力してくれないときの対応策💁‍♀️非協力だった父が45ℓ4袋分の衣類を手放す!!

釧路で忙しい子育てママ対象にお片づけサポートしています🧡

転勤族ママの整理収納アドバイザー吉岡ゆかです😊

☘️プロフィール

☘️サービスメニュー

日頃のワンオペ育児、家事から解放されて、、、

実家の両親に

子どもたちのお世話、ご飯、洗濯

大変お世話になりなっております。。

自作竹でソーメン流ししてくれたり

昨日は餃子も焼いて振舞ってくれた父✨

実家に来て早6日、、、

自分の退化を感じはじめた私💦

お世話になりっぱなしもさすがに気がひけるので、、、!!

母から頼まれたこともあり

色々お世話になっている父の衣類のお片づけをさせてもらいました!

お片づけに家族が非協力的で困ったら

これまでも幾度となく母が声かけしてきたみたいですが、

あれこれ理由をつけてなかなか協力を得られなかったみたいで😅

どうして今までやりたくなかったの??っと後から聞いたら、元々服に興味がなくいちいち見直すのめんどくさい、どうでもよかったとのことでした😅

そんなもんですよね😅

そんな父ですが、

フェイスブックでの発信を日頃見てくれているようで、私がお片づけのお仕事をしていることを理解してくれていることもあり、

娘ではありますが、お片づけのプロの私がいることで、重い腰を上げて取り組んでくたみたいです😊

家族がいくら言ってもお片づけに協力してくれない💦💦って時は

お片づけのプロ、整理収納アドバイザーに頼むと案外すんなり協力してくれるようになる

という話はよくあることなので、

困っているという方は

ぜひ頼ってくださいね🧡

でも今は一緒に住んでいない、

たまの帰省で会える娘が間に入ってあげるのも効果的だと思います😉

もしちょうど帰省中で家族がお片づけで困っているという方は協力してみるといいかもしれません😊

整理を促すオススメの声かけは?オスメできない声かけは?

まず大事なことは本人に決めてもらうこと!

なのであまりつべこべ言わず

本人に見てもらって考えて決めてもらうのが一番。

私が今回父に声かけした言葉も

「今よく着ている服は?」

「もうあんまり着なくなった服はどれ?」

「着心地悪い服はある?」「悪かったらもう着ーひんよな」

くらい。基本見守り姿勢で大丈夫です👍

その逆でオススメできない声かけは、、、

ウチの母がやりがちなのですが😅

「コレはもう着ーひんやろ(着ないでしょう)」

という決めつけで声かけしてしまうこと💦

本人が決めるという事と相反する声かけですのでおすすめできません💦でも案外やりがちではあるので

気をつけたいところです。

お片づけスイッチオンになった父

そして、

いざ手をつけ出すと、

スイッチが入ったようで

「コレは着づらいから着ーひんな」

「もらったけど着たことないし着ーひん」

すごく潔く決断をしていく父なのでした。

なんと結果的に45リットル4袋分、収納ケース3つ、大量のハンガーを手放すという大変化に!!

私もビックリ‼️

でもこれもお片づけあるあるで、

やり出すとスイッチが入って

たくさん手放せるという結果になることはよくあるものなのです。

ビフォーアフター✨

↓↓↓

がこの通りスッキリ✨✨✨

父も母もスッキリしたわー✨と喜んでくれている様子でなにより😊

暑い中頑張った甲斐あります😊👍

何より

このお片づけ作業により

ただただお世話になりっぱなしの退化しつつつあった状態💦💦から打破できて

私自身の気持ち軽くなりました😆👍

家族に対するお片づけでお困りの方の少しでも参考になったら嬉しいです😊

LINE@毎週水曜日配信中🧡

子育てママ向けお片づけに関するお役立ち情報

講座、イベントなど配信中です♪

ご登録はこちら↓↓↓です🤗

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。